原生計算と存在論的観測 : 生命と時間、そして原生

郡司ペギオ-幸夫 著

オートポイエシス、自己組織化論を越えて-。内部観測論の決定版。実在論を否定して存在論の領域へ。意識、私、理解、発見=発明、進化などの諸問題を、隠喩的数理モデルを援用し解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生命=時間、機械=空間、死=絶対的無
  • 2 オートポイエシス-認識論的観測から存在論的観測への萌芽
  • 3 行為者または存在論的観測者
  • 4 自己組織化過程の契機
  • 5 存在論的観測者の射程-有限世界と固有名の縮退
  • 6 結び-降り立つ地平
  • 付録(認識論的観測における超越者-カテゴリー論へ
  • カテゴリー間を見渡す認識論的観測者
  • 異なる論理間の関係-ブール代数とハイティング代数
  • 自己言及的特性と任意の関数に関する不動点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原生計算と存在論的観測 : 生命と時間、そして原生
著作者等 郡司 ペギオ幸夫
郡司 ペギオ‐幸夫
書名ヨミ ゲンセイ ケイサン ト ソンザイロンテキ カンソク : セイメイ ト ジカン ソシテ ゲンセイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.7
ページ数 464, 100, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4130100971
NCID BA68060890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20721025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想