国連政策

河辺一郎 著

9.11、イラク攻撃、イスラム世界の反発など世界の混迷はますます深刻化する。国連はいかなる役割を果たせるか。国連の歴史を辿りながら日本のこれからの関わり方を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-国連機構図をめぐって
  • 第1章 国連とは何か
  • 第2章 非国連化の始まり
  • 第3章 進む非国連化
  • 第4章 非国連化の行き詰まり
  • 第5章 強制行動と米国国内政治
  • 第6章 米国の単独主義
  • エピローグ-日本外交の責任と可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国連政策
著作者等 河辺 一郎
書名ヨミ コクレン セイサク
書名別名 Kokuren seisaku
シリーズ名 国際公共政策叢書 第20巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2004.7
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4818815268
NCID BA68056463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想