開かれ : 人間と動物

ジョルジョ・アガンベン 著 ; 岡田温司, 多賀健太郎 訳

人間と動物が交錯する未決定な「例外状態」の閾を、バタイユのアセファルから、コジェーヴのスノッブ、ユクスキュルのダニ、ハイデガーの倦怠へと縦横無尽に描き出す、生政治の超克と人類学機械の停止へむけた壮大な系譜学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物人
  • 無頭人
  • スノッブ
  • 分接の秘儀
  • 至福者たちの生理学
  • 経験的認識
  • 分類学
  • 序列なし
  • 人類学機械
  • 環境世界
  • ダニ
  • 世界の窮乏
  • 開かれ
  • 深き倦怠
  • 世界と大地
  • 動物化
  • 人類創生
  • あいだ
  • 無為
  • 存在の外で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開かれ : 人間と動物
著作者等 Agamben, Giorgio
多賀 健太郎
岡田 温司
アガンベン ジョルジョ
書名ヨミ ヒラカレ : ニンゲン ト ドウブツ
書名別名 L'aperto
出版元 平凡社
刊行年月 2004.7
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 458270249X
NCID BA68043701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20665824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想