「正義」の倫理 : ジョージ・W・ブッシュの善と悪

ピーター・シンガー 著 ; 中野勝郎 訳

9・11、アフガン戦争、イラク戦争に突き進んだアメリカ。ブッシュを選択したアメリカ国民が持つ倫理観とは。ブッシュの決断に世論はどう動いたか。世界的な倫理学者、ピーター・シンガーはブッシュの説く倫理観の虚偽性を明らかにし、世界は、日本はアメリカに対してどう向き合うべきかを示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブッシュの倫理?
  • 第1部 ブッシュのアメリカ(世界に比類のない正義と機会の国
  • 生命の文化
  • 世界でもっとも自由な国?
  • 信仰の力)
  • 第2部 アメリカと世界(世界を共有する
  • 戦争:アフガニスタン
  • イラクでの戦争
  • パックス・アメリカーナ
  • ジョージ・W.ブッシュの倫理観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「正義」の倫理 : ジョージ・W・ブッシュの善と悪
著作者等 Singer, Peter
中野 勝郎
シンガー ピーター
書名ヨミ セイギ ノ リンリ : ジョージ W ブッシュ ノ ゼン ト アク
書名別名 The President of good and evil

Seigi no rinri
出版元 昭和堂
刊行年月 2004.7
ページ数 313, 36p
大きさ 20cm
ISBN 4812204119
NCID BA68002351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20646297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想