地域社会形成の思想と論理 : 参加・協働・自治

松野弘 著

住民(市民)が地域社会における新しい公的主体の立場から、市民的公共性に立脚した、地域社会形成のためにどのような役割を果たしていくべきか。本書は、このような視点を踏まえた上で、理論研究と社会的実践においてすぐれた研究成果と豊富な経験を有する著者が、これまでの地域社会形成とまちづくりに関する研究の集大成としてまとめた力作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地域社会形成の基本的視点と位置
  • 第1部 地域社会の基盤と構造(地域社会研究の分析視点と地域社会の歴史的展開
  • 地域社会とは何か-概念と特質
  • 地域社会の変容と形成-地域社会の再生とまちづくり論的アプローチの位置
  • 地域社会形成と転換期における地域集団への視点・方向性-地域社会における「公共性」論の再検討と地域集団の課題)
  • 第2部 地域社会形成の変革と展望(地域社会の革新とまちづくりの位置-新しい地域社会形成への視点と役割
  • 地域社会形成と政策活動の役割-まちづくりと政策活動の展開
  • 転換期の地域社会と市民活動の可能性-現代地域問題における市民活動の役割と方向性
  • 地域社会形成への現代的視点と新しいまちづくり論-市民活動の変容と構造転換)
  • 新しい地域社会形成への「変革」の視点と方向性-共同統治(協働)から自己統治(自治)への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域社会形成の思想と論理 : 参加・協働・自治
著作者等 松野 弘
書名ヨミ チイキ シャカイ ケイセイ ノ シソウ ト ロンリ : サンカ キョウドウ ジチ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.7
ページ数 441p
大きさ 22cm
ISBN 4623040976
NCID BA68000196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20655737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想