環境アセスメントはヘップ(HEP)でいきる : その考え方と具体例

日本生態系協会 監修

環境アセスメントの実効性を高めるために、今、最も期待されているヘップに焦点を当てつつ、環境アセスメント全般に関し、豊富な具体例を用いて広範な議論を試みた。巻末資料編には、ヘップ調査やHSIモデルの具体例も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 背景と論点の整理-本書の構成説明を兼ねて
  • 第2章 米国の環境アセスメント制度とミティゲーション
  • 第3章 ハビタット評価手続きによるミティゲーションの定量評価
  • 第4章 日本のミティゲーション
  • 第5章 日本の環境アセスメントの展望-戦略的なミティゲーションの実現に向けて
  • 第6章 パネルディスカッション
  • 第7章 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境アセスメントはヘップ(HEP)でいきる : その考え方と具体例
著作者等 日本生態系協会
ECO-JAPAN
書名ヨミ カンキョウ アセスメント ハ ヘップ HEP デ イキル : ソノ カンガエカタ ト グタイレイ
書名別名 Kankyo asesumento ha heppu HEP de ikiru
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2004.6
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 4324072965
NCID BA67997987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20647557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想