シェイクスピア劇のオペラを楽しもう

福尾芳昭 著

オペラの題材をもっとも多く提供しているのがシェイクスピアであり、『ハムレット』と『ロメオとジュリエット』の約半数は20世紀になってのオペラ化である。現代に通じるその魅力を、オペラを通して観る本書は、わかりやすいシェイクスピア入門でもあり、また奥の深いオペラ探索の旅のはじまりでもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シェイクスピア
  • ヴェルディのシェイクスピア・オペラ
  • ゲオルク・アントン・ベンダ『ロメオとユーリー』
  • シャルル・グノー『ロメオとジュリエット』
  • ベンジャミン・ブリテン『真夏の夜の夢』
  • アントニオ・サリエリ『ファルスタッフ』
  • オットー・ニコライ『ウィンザーの陽気な女房たち』
  • ラルフ・ヴォーン=ウィリアムズ『ジョン卿の恋』
  • エクトル・ベルリオーズ『ベアトリスとベネディクト』
  • アンブロワーズ・トーマ『ハムレット』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピア劇のオペラを楽しもう
著作者等 福尾 芳昭
書名ヨミ シェイクスピアゲキ ノ オペラ オ タノシモウ
書名別名 Sheikusupiageki no opera o tanoshimo
出版元 音楽之友社
刊行年月 2004.6
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4276210542
NCID BA67996408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20646907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想