アヴァンギャルドの戦争体験 : 松本竣介、瀧口修造そして画学生たち

小沢節子 著

戦争へと突き進む時代のなかで、彼らが描き出そうとしたものとは-アヴァンギャルドたちの軌跡をたどり、近代日本の文化状況に新たな光を当てる。新稿「戦時期の絵画を読むということ」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 一九三〇年代の美術をめぐって
  • 1 帝国美術学校画学生たちの軌跡(戦時期画学生の群像
  • 「表現」同人たちの活動
  • 画家と戦争)
  • 2 松本竣介-「生きている画家」(自立をめざして
  • 『雑記帳』一九三六〜一九三七
  • 時代の風景)
  • 3 滝口修造-前衛芸術の思想(シュルレアリスムの受容と展開
  • 批評と運動
  • 抵抗と挫折
  • アヴァンギャルドと「ふるさと」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アヴァンギャルドの戦争体験 : 松本竣介、瀧口修造そして画学生たち
著作者等 小沢 節子
書名ヨミ アヴァンギャルド ノ センソウ タイケン : マツモト シュンスケ タキグチ シュウゾウ ソシテ ガガクセイタチ
出版元 青木書店
刊行年月 2004.7
版表示 新装版.
ページ数 298, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4250204197
NCID BA67996317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20656621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想