英語のたくらみ、フランス語のたわむれ

斎藤兆史, 野崎歓 著

外国語を身につけるにはどうすればよいか?翻訳はどのようにするか?文学は何の役に立つのか?英語とフランス語の東大教師が、「語学」「翻訳」「文学」をめぐってその営みの核心を語り尽くす。英語が好きでたまらなかった斎藤。フランス小説・詩に魅せられた野崎。そんな原点をもつ両者が、ふたつの言語の受容のされ方から、その文学の性格のちがいまで対話を繰り広げる。「外国語や異文化に出会うとはどういうことか」を知る絶好の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 外国語の学び方
  • 2 語学はコミュニケーション?教養?
  • 3 翻訳はどのようにしたらよいか
  • 4 翻訳家という仕事
  • 5 文学の体験
  • 6 文学は何の役に立つのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語のたくらみ、フランス語のたわむれ
著作者等 斎藤 兆史
野崎 歓
書名ヨミ エイゴ ノ タクラミ フランスゴ ノ タワムレ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.7
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4130830392
NCID BA67981375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20717751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想