日本全国離島を旅する

向一陽 著

ダイナミックな風景、濃密な空気、個性的な島人たち。与那国・波照間から利尻・礼文まで、読めば島旅に誘われる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沖縄の島(与那国島-日本列島の最西端
  • 波照間島-日本の最南端 ほか)
  • 第2章 奄美の島(与論島-平穏を取り戻した癒しの島
  • 沖永良部島-超猛烈台風の記憶 ほか)
  • 第3章 九州近海の島(屋久島-森と水の島
  • 種子島-鉄砲伝来、宇宙基地 ほか)
  • 第4章 日本海の島(隠岐諸島-昔も今も風待ち港
  • 佐渡島-花の島、トキの島 ほか)
  • 第5章 東京の離島(伊豆大島-東京の離れ座敷
  • 三宅島-在りし日の山頂 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本全国離島を旅する
著作者等 向 一陽
書名ヨミ ニホン ゼンコク リトウ オ タビスル
書名別名 Nihon zenkoku rito o tabisuru
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.7
ページ数 307p
大きさ 18cm
ISBN 4061497278
NCID BA67972432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20655926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想