ナンバの身体論 : 身体が喜ぶ動きを探究する

矢野龍彦 ほか著

本書における「ナンバ」とは、できるだけ「捻らない」「うねらない」「踏ん張らない」、広く普及している西洋式の運動理論とは正反対の動きのことである。本書は、「ナンバ」の現場における中間報告書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナンバの源流を探る
  • 第2章 ナンバ身体論とは何か
  • 第3章 ナンバ的動きの練習法
  • 第4章 ナンバ歩き、ナンバ走りの練習法
  • 第5章 ナンバの効用とは
  • 第6章 桐朋バスケットボール部の取り組み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナンバの身体論 : 身体が喜ぶ動きを探究する
著作者等 矢野 竜彦
古谷 一郎
長谷川 智
金田 伸夫
書名ヨミ ナンバ ノ シンタイロン : カラダ ガ ヨロコブ ウゴキ オ タンキュウスル
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2004.7
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4334032567
NCID BA67966917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20653853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想