清沢洌 : 外交評論の運命

北岡伸一 著

『暗黒日記』の著者として知られる清沢洌は、戦前期における最も優れた自由主義的言論人であり、その外交評論は今日の国際関係を考える上で、なお価値を失っていない。石橋湛山、馬場恒吾ら同時代人のなかでアメリカに対する認識が例外的に鋭くあり得たのはなぜか。一人のアメリカ移民が邦字新聞記者となり、活躍の舞台を日本に移してから、孤独な言論活動の後に死すまでの軌跡を近代日本の動きと重ねて描く唯一の評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 青年時代
  • 第1章 新聞記者時代-国際協調と政党政治
  • 第2章 評論家としての独立-国際協調の崩壊
  • 第3章 自由主義者の孤独-日本外交の混迷
  • 第4章 評論から研究へ-日中戦争と日米戦争
  • 補章 若き日の清沢洌-サンフランシスコ邦字紙『新世界』より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清沢洌 : 外交評論の運命
著作者等 北岡 伸一
書名ヨミ キヨサワ キヨシ : ガイコウ ヒョウロン ノ ウンメイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.7
版表示 増補版.
ページ数 260p
大きさ 18cm
ISBN 4121908287
NCID BA67966768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20666906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想