自治から考える公共性

西尾勝, 小林正弥, 金泰昌 編

人々の自治世界を形成するためには、何が求められているのか。市民的公共性は、この21世紀にいかなる変容を示しているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発題1 近代の変容と市民的公共性
  • 発題2 公共概念の転換と都市型社会
  • 発題3 「公=行政官僚制」批判
  • 総合討論
  • 発題4 分権改革による自治世界形成
  • 発題5 身近な公共空間
  • 発題6 戦後民主主義の政策形成における公共性
  • 発展協議
  • 特論1 田中正造における自治と公共性
  • 特論2 教会の自治〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自治から考える公共性
著作者等 小林 正弥
西尾 勝
金 泰昌
書名ヨミ ジチ カラ カンガエル コウキョウセイ
書名別名 Jichi kara kangaeru kokyosei
シリーズ名 公共哲学 11
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.7
ページ数 406p
大きさ 22cm
ISBN 4130034316
NCID BA6795760X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20719735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想