室町社会の騒擾と秩序

清水克行 著

中世は救いのない騒擾の世界ではなく秩序も存在した。公権力の制定法とは別の次元で様々な緊張関係と調和を織りなした多様な法慣習や民間習俗を解明。騒擾の原因や秩序のあり方を探り、新たな室町社会像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ふたつの室町文化
  • 第1部 室町社会の法慣習(「御所巻」考-異議申し立ての法慣習
  • 中世社会の復讐手段としての自害-復讐の法慣習
  • 政権抗争劇のなかの都市民衆-掠奪の法慣習 ほか)
  • 第2部 室町時代の都市生活(足利義持の禁酒令について
  • 正長の徳政一揆と山門・北野社相論
  • ある室町幕府直臣の都市生活-『碧山日録』と「春公」についてのノート ほか)
  • 第3部 戦国時代の文化変容(室町後期における都市領主の住宅検断
  • 織豊政権の成立と処刑・梟首観の変容
  • 「耳鼻削ぎ」の中世と近世 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 室町社会の騒擾と秩序
著作者等 清水 克行
書名ヨミ ムロマチ シャカイ ノ ソウジョウ ト チツジョ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.8
ページ数 333, 7p
大きさ 22cm
ISBN 464202834X
NCID BA67956990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20652481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想