キメラ-満洲国の肖像

山室信一 著

一九三二年三月、中国東北地方に忽然と出現し、わずか一三年五カ月後に姿を消した国家、満洲国。今日なおその影を色濃く残す満洲国とは何だったのか。本書は建国の背景、国家理念、統治機構の特色を明らかにし、そこに凝縮して現れた近代日本の国家観、民族観、そしてアジア観を問い直す試みである。新たに満洲・満洲国の前史と戦後に及ぼした影響など、その歴史的意義を想定問答形式によって概観する章を増補した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 満洲国へのまなざし
  • 第1章 日本の活くる唯一の途-関東軍・満蒙領有論の射程
  • 第2章 在満蒙各民族の楽土たらしむ-新国家建設工作と建国理念の模索
  • 第3章 世界政治の模範となさんとす-道義立国の大旆と満州国政治の形成
  • 第4章 経邦の長策は常に日本帝国と協力同心-王道楽土の蹉跌と日満一体化の道程
  • 終章 キメラ-その実相と幻像
  • 補章 満洲そして満洲国の歴史的意味とは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キメラ-満洲国の肖像
著作者等 山室 信一
書名ヨミ キメラ - マンシュウコク ノ ショウゾウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.7
版表示 増補版.
ページ数 428p
大きさ 18cm
ISBN 4121911385
NCID BA67947865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20666889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想