アリストテレス倫理学入門

J.O.ア-ムソン [著] ; 雨宮健 訳

生き甲斐のある人生を送ることをギリシアでは「エウダイモニア」とよんだ。この問題をアリストテレスは『ニコマコス倫理学』で体系的に追究した。優れた性格、知性、快楽などの重要な論点を、従来の翻訳や解釈による誤解を解いてわかりやすく解説する。著者の五十年にわたる研鑽が注ぎ込まれた初学者のための最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理想的人生(予備的考察)
  • 第2章 優れた性格
  • 第3章 行動と動機
  • 第4章 責任と選択
  • 第5章 個々の優れた性格
  • 第6章 優れた知性
  • 第7章 意志の強さと弱さ
  • 第8章 快楽
  • 第9章 社会的関係
  • 第10章 エウダイモニア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アリストテレス倫理学入門
著作者等 Urmson, J. O
雨宮 健
Urmson J.O.
アームソン J.O.
書名ヨミ アリストテレス リンリガク ニュウモン
書名別名 Aristotle's ethics
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.7
ページ数 239p
大きさ 15cm
ISBN 4006001258
NCID BA67947515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20644147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想