小町伝説の誕生

錦仁 著

小町伝説は誰によって作られ、どのように改変され、伝えられてきたのだろうか。秋田県の雄勝町には小野小町の生涯にまつわる多くの伝説が残されている。これを詳細に検討すると、その背後には江戸期の俳人たちや明治時代の文学者など、さまざまな語り手の存在がうかがえる。変化する伝説の生態を明らかにし、日本文化の基層にするどく迫る画期的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小町は秋田生まれか
  • 第2章 菅江真澄と雄勝の小町伝説
  • 第3章 更新され続ける小町伝説
  • 第4章 伝説の語り手-小町・奪衣婆・巫女
  • 第5章 小町伝説の誕生
  • 第6章 覚厳院の成立と移動する小町像
  • 第7章 小町、神となる
  • 第8章 東北各地の小町伝説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小町伝説の誕生
著作者等 錦 仁
書名ヨミ コマチ デンセツ ノ タンジョウ
書名別名 Komachi densetsu no tanjo
シリーズ名 角川選書 364
出版元 角川書店
刊行年月 2004.7
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4047033642
NCID BA67938387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20659899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想