資本

崎山政毅 著

グローバルな資本制の勝利は、わたしたちに何をもたらしたのか。社会主義体制の崩壊とともに失効したかに見えるマルクスの思考-その可能性の理論的鉱脈をアクチュアルな問題群に連結し、現代資本制批判のための新たな領野に解き放つ。『資本論』価値形態論の読解を通して、資本の支配に対抗する、変革のための条件をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『資本論』の世界に読み入る(読み入るための準備
  • 「簡単な価値形態」の解読
  • 物神性と物象化
  • 貨幣生成のメカニズム
  • 『資本論』の「適用領域」)
  • 2 資本の「現在」(労働する身体
  • 「周辺」の継続的再生産
  • サイバー支配)
  • 3 基本文献案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本
著作者等 崎山 政毅
書名ヨミ シホン
書名別名 Capital
シリーズ名 資本論
思考のフロンティア
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.7
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 4000270087
NCID BA67931617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20661988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想