カラシニコフ  2

松本仁一 著

南米コロンビア・コカインの町メデジンで、紛争のつづくアフガニスタンやイラクで、パキスタン北西部・銃密造の村ダラで、自動小銃の存在が「国家」の姿を浮き彫りにした。国家とは何か。論文などではなかなか理解しにくいことが、「カラシニコフ」というキーワードを通じて見るとある程度分かりやすくなる。「悪魔の銃」カラシニコフ。ひとびとはなぜ銃に依存せずに生きられないのだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ノリンコの怪
  • 第2章 ライフル業者
  • 第3章 流動するAK
  • 第4章 AK密造の村
  • 第5章 米軍お墨付き
  • 第6章 拡散する国家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラシニコフ
著作者等 松本 仁一
書名ヨミ カラシニコフ
書名別名 AK47 Kalashnikov
巻冊次 2
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.5
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4022501650
NCID BA67928634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21039356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想