怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか

黒川伊保子 著

ゴジラ、ガメラ、ガンダム等、男の子が好きなものの名前にはなぜ濁音が含まれるのか。カローラ、カマロ、セドリック等、売れる自動車にC音が多いのはなぜか。キツネがタヌキよりズルそうなのはなぜか。すべての鍵は、脳に潜在的に語りかける「音の力」にあった!脳科学、物理学、言語学を縦横無尽に駆使して「ことばの音」のサブリミナル効果を明らかにする、まったく新しいことば理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブランドをつくるマントラ
  • 第1章 ことばの音
  • 第2章 サブリミナル・インプレッションの力
  • 第3章 鍵は擬音・擬態語
  • 第4章 音のクオリア
  • 第5章 ブランドマントラになった商品名たち
  • 終章 日本人は言葉の天才

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか
著作者等 黒川 伊保子
書名ヨミ カイジュウ ノ ナ ワ ナゼ ガギグゲゴ ナノカ
書名別名 Kaiju no na wa naze gagigugego nanoka
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.7
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4106100789
NCID BA67924531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20655913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想