江戸川乱歩と大衆の二十世紀

藤井淑禎 編

この本の情報

書名 江戸川乱歩と大衆の二十世紀
著作者等 江戸川 乱歩
藤井 淑禎
書名ヨミ エドガワ ランポ ト タイシュウ ノ ニジッセイキ
書名別名 Edogawa ranpo to taishu no nijisseiki
シリーズ名 「国文学解釈と鑑賞」別冊
出版元 至文堂
刊行年月 2004.8
ページ数 296p
大きさ 21cm
NCID BA67921271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20661258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<うつし世の夢>を求めて 谷口基
「パノラマ島奇談」論あるいはRampoの話 岡村民夫
「秘密」の銀河系 石崎等
『黄金仮面』カーチェイス事始 原克
テクノロジーと都市の明暗
モダン都市の視線と乱歩ミステリー 成田康昭
ラジオ/映画/雑誌メディアと<ぼくらの乱歩>
乱歩、『新青年』、都市大衆文化 鈴木貞美
乱歩と東京空間 藤森照信
乱歩をはぐくんだもの 浜田雄介
乱歩ミステリーの誕生
乱歩作品と新聞・雑誌・単行本、全集そして講談社文化 山口功二
乱歩的世界とモダン都市文化
享楽・淫楽の都市空間
偉大なる通俗作家としての乱歩 小谷野敦
公教育に潜伏する少年探偵団 前田一男
名前と身体 佐藤深雪
大衆読者と「通俗長編」 藤井 淑禎
少年探偵団と乱歩と戦争
少年読者と乱歩の交流 落合教幸
広告・ゴシップの乱歩像 築山尚美
心理学・精神分析と乱歩ミステリー 一柳廣孝
怪人二十面相の魅力 河原和枝
怪物 江戸川乱歩, 藤井 淑禎
戦後少年文化のなかの乱歩 桜井哲夫
敬体の探偵たち 宮川健郎
未完小説草稿
欧米先行作家と乱歩 長谷部史親
江戸川乱歩と男色物の世界 渡辺憲司
江戸川乱歩における感覚と身体性の世紀 安智史
江戸川乱歩の古書蒐集とその時代 丹羽みさと
犯罪科学と乱歩ミステリー 石川巧
近世からモダンへ
通俗ものへの転進
鼎談江戸川乱歩と大衆の二十世紀 川本三郎, 桜井哲夫, 藤井 淑禎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想