エマージングウイルス : 誰がつくりだしたのか? : 21世紀の人類を襲う新興感染症の恐怖

マーク・J.ウォルターズ 著 ; 村山寿美子 訳

西ナイルウイルス…狂牛病…HIV/AIDS…サルモネラ菌…など新たな恐るべき感染症が次々と報道される。これら6つの代表的な新興感染症を追う著者がたどりついた結論は…。原作に新たに鳥インフルエンザをレポートした注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 進歩の隠された闇:狂牛病
  • 2章 チンパンジーはどこでエイズに感染したのか?:HIV/AIDS
  • 3章 抗生物質がつくりだす異型サルモネラ菌の旅
  • 4章 老成林と関節炎について:ライム病
  • 5章 春に死んだ恋人たち:ハンタウイルス
  • 6章 ナイル川から来たウイルス
  • エピローグ SARS、鳥インフルエンザそしてこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エマージングウイルス : 誰がつくりだしたのか? : 21世紀の人類を襲う新興感染症の恐怖
著作者等 Walters, Mark Jerome
村山 寿美子
ウォルターズ マーク・ジェローム
書名ヨミ エマージング ウイルス : ダレ ガ ツクリダシタノカ : 21セイキ ノ ジンルイ オ オソウ シンコウ カンセンショウ ノ キョウフ
書名別名 Six modern plagues

Emerging virus

Emajingu uirusu
出版元 VIENT : 現代書館
刊行年月 2004.6
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 476848882X
NCID BA67915097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20619426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想