昭和史の授業

鷲田小彌太 著

日米開戦は、なぜ必然であったのか?敗戦後の経済国家としての復興は、なぜ達成されたのか?それを考えるに欠かせない、「社会主義」という問題と重ね合わせながら、本当に納得がゆく議論に読者をいざなう、著者渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 第一次世界大戦の「戦後」から、昭和は始まる
  • 第2章 昭和の始まりに日本人はどんなことを考えていたか
  • 第3章 昭和天皇をめぐる時代背景
  • 第4章 軍縮と恐慌を経て、満州へ
  • 第5章 行きづまり打開のための新体制づくりから、対米戦争へ
  • 第6章 間奏曲
  • 第7章 第二次大戦・敗戦による「戦後」問題の推移
  • 第8章 経済成長路線とその「結果」
  • 第9章 日本の「繁栄」と共産ロシアの「崩壊」
  • 第10章 昭和天皇の崩御

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和史の授業
著作者等 鷲田 小弥太
書名ヨミ ショウワシ ノ ジュギョウ
書名別名 Showashi no jugyo
出版元 PHP研究所
刊行年月 2004.7
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4569636403
NCID BA67901503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20644593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想