アメリカ外交とは何か : 歴史の中の自画像

西崎文子 著

世界を善と悪に二分し、自由や民主主義を盾に武力行使に走る現在のアメリカ。だが、その姿は、アメリカの歴史にとって必ずしも例外的ではない。建国期から冷戦後にいたるまで繰り広げられてきた自画像をめぐる論争の歴史をたどりながら、超大国の外交がなぜ隘路に陥ったのかを解きほぐしていく刺激的なアメリカ外交論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカ外交への接近法
  • 第1章 アメリカ外交の源泉
  • 第2章 西半球の警察官
  • 第3章 ウィルソンの夢とその後
  • 第4章 「パクス・アメリカーナ」の虚像と実像
  • 第5章 アメリカの挫折
  • 第6章 「素晴らしい新世界?」
  • 終章 岐路に立つアメリカ外交

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ外交とは何か : 歴史の中の自画像
著作者等 西崎 文子
書名ヨミ アメリカ ガイコウ トワ ナニカ : レキシ ノ ナカ ノ ジガゾウ
書名別名 Amerika gaiko towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.7
ページ数 232, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004308984
NCID BA67900216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20661051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想