安心のファシズム : 支配されたがる人びと

斎藤貴男 著

携帯電話、住基ネット、ネット家電、自動改札機など、便利なテクノロジーにちらつく権力の影。人間の尊厳を冒され、道具にされる運命をしいられるにもかかわらず、それでも人びとはそこに「安心」を求める。自由から逃走し、支配されたがるその心性はどこからくるのか。著者の長年の取材、調査、研究を集大成する渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イラク人質事件と銃後の思想
  • 第2章 自動改札機と携帯電話
  • 第3章 自由からの逃走
  • 第4章 監視カメラの心理学
  • 第5章 社会ダーウィニズムと服従の論理
  • 第6章 安心のファシズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安心のファシズム : 支配されたがる人びと
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ アンシン ノ ファシズム : シハイサレタガル ヒトビト
書名別名 Anshin no fashizumu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.7
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4004308976
NCID BA67898908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想