ファルージャ2004年4月

ラフール・マハジャン ほか著 ; 益岡賢, いけだよしこ 編訳

「イラク・ファルージャ2004年4月」の事態にこそ自衛隊が加担している米軍の占領支配の本質がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ファルージャ 2004年4月10日・11日(恐怖は怒りに変わっている-イラク人レジスタンスの報告
  • 「我々はファルージャを『救済』するために破壊せねばならない」
  • 米軍はファルージャで民間人を虐殺している
  • ファルージャの目撃者より)
  • 2 バグダードより(「イラク人の心をつかむ」
  • 医師たちの報告-ファルージャではクラスター爆弾が使われ、米軍は患者にいやがらせをしている
  • 「帝国ノート」より)
  • 3 ファルージャ 4月13日〜15日(ファルージャへ戻る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファルージャ2004年4月
著作者等 Mahajan, Rahul
いけだ よしこ
益岡 賢
マハジャン ラフール
書名ヨミ ファルージャ 2004ネン 4ガツ
出版元 現代企画室
刊行年月 2004.6
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4773804041
NCID BA67897723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20631019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想