重光・東郷とその時代

岡崎久彦 著

幣原退陣から敗戦に至るまでの14年間、日本の外交をリードしたといえる人物はいない。歴史に「もし」はないが、その間、陸奥・小村・幣原のような練達や外交官が長期間、責任を持たされて外交を担っていたならば、日本はどうなっていただろうか。本書は長期的な戦略も情勢判断もなく戦争への道を歩み出し、ついに苦渋の選択をするに至った、大日本帝国の「滅びの叙事詩」を描いた長編歴史評論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史の真実-現在生きている人間の価値観だけで歴史は書けない
  • 満洲国承認-石原莞爾の鬼謀によって満洲はたちまち制圧された
  • 連盟脱退と満洲建国-国家社会主義や五族協和という理想を満洲に夢見て
  • 最後の平和-満洲事変は収まり日中関係改善のチャンスが訪れた
  • 二・二六事件-昭和十年、十一年、日本国内の潮流は大きく変った
  • 迫り来る戦雲-昭和十年、十一年、アジアも欧州も大きく変化した
  • 盧構橋事件-中国側に対日抗戦の時機が来たとの雰囲気が漲った
  • 南京占領-外交手段による事態収拾の努力は懸命に続けられた
  • 泥沼へ-事変勃発後の世論は政府の強硬態度を強く支持した
  • 三国同盟の締結-日・独・伊三国の枢軸同盟を最後まで拒否した人たち〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重光・東郷とその時代
著作者等 岡崎 久彦
書名ヨミ シゲミツ トウゴウ ト ソノ ジダイ
書名別名 Shigemitsu togo to sono jidai
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 2003.9
ページ数 528, 18p
大きさ 15cm
ISBN 456966038X
NCID BA67878161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20455688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想