私の昭和史

中村稔 著

十五年戦争下の少年期と思春期、迫りくる死を目前に自由な生を求める心の軌跡。昭和のはじまりと同時に生を享けた著者がその生い立ち、社会と文学への早熟な目覚め、多彩な友情空間の回想をつうじ、敗戦に至る濃密な時代の痛みを透視する鮮烈な鎮魂の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日独防共協定と鈴木秀吉先生の訓辞のこと、トハチェフスキー元帥の粛清のこと、二・二六事件のこと、山中峯太郎『大東の鉄人』ほか小学校の頃の愛読書のことなど
  • ねえやのこと、自転車を買ってもらったこと、サンドイッチの切り屑を買いにいくたのしさのこと、葬儀や棟上げのときのおひねりのことなど
  • 愛仕幼稚園とアプタン先生のこと、近所の店屋のこと、小学校の成績のことなど
  • 級友T君の別荘で池にはまったこと、父の出自と経歴のこと、兄の転校のこと、鈴木先生の授業のこと、親の子離れ・教師の生徒離れということ、T君の本宅の差押えのことなど
  • 亀井文夫監督『上海』のこと、爆弾三勇士の歌のこと、『コドモノクニ』のこと、浅草とエノケンのことなど
  • 祖父のこと、母のこと、私の金銭感覚のこと、中村の家系のこと、祖母のこと、祖父母の義太夫のこと、行儀・習慣と躾のことなど
  • 祖父母の湯治のこと、内湯旅館のこと、都市対抗野球と大宮のこと、『六大学野球全集』のこと、職業野球のこと、スポーツの大衆化のことなど
  • 父母の結婚のこと、小学校のときの作文のこと、父に連れられた兄と三人の伊豆、大島旅行のこと、私の運動能力のこと、小学校六年のときの左肘複雑骨折のこと、東京府立五中受験のことなど
  • 五中に通いはじめて環境が激変したこと、軍事教練のこと、スフの夏服と代用品時代のこと、一年生一学期末の成績のこと、保田の臨海学校のことなど
  • 二年生のときに校内誌『開拓』に詩を投稿したこと、『開拓』に掲載された高原紀一の小説などのこと、真田幸男先生の「膝栗毛小論」の跋文のこと、改造社版『現代日本文学全集』の『現代日本詩集』と北原白秋の「明治大正詩史概観」のこと、「雨ニモマケズ」を知ったことなど〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の昭和史
著作者等 中村 稔
書名ヨミ ワタクシ ノ ショウワシ
書名別名 Watakushi no showashi
出版元 青土社
刊行年月 2004.6
ページ数 429p
大きさ 20cm
ISBN 4791761227
NCID BA67849946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20719104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想