ポル・ポト〈革命〉史 : 虐殺と破壊の四年間

山田寛 著

囚人一万四〇〇〇人、生還者七人の監獄。無軌道に展開した強制労働、密告、そして処刑。社会基盤を破壊し全国民の四分の一を死に追いやったポル・ポト政権はいかにして「革命」を遂行したのか。二〇世紀最大の蛮行、その軌跡と背景を完全解読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポル・ポト共産主義はどう生まれ育ったか
  • 第2章 内戦に勝つ
  • 第3章 ポル・ポト政権
  • 第4章 革命の正体
  • 第5章 ふたたび森のゲリラへ
  • 第6章 ポル・ポト派の終わり
  • 終章 家族の絆と宗教-革命が越えられなかったもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポル・ポト〈革命〉史 : 虐殺と破壊の四年間
著作者等 山田 寛
書名ヨミ ポル ポト カクメイシ : ギャクサツ ト ハカイ ノ ヨネンカン
シリーズ名 講談社選書メチエ 305
出版元 講談社
刊行年月 2004.7
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4062583054
NCID BA67846573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20648516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想