クリニック・クリティック : 私批評宣言

千葉一幹 著

批評とは、単に作品の優劣を示すためのものではない。むしろ、作品を単純に序列化できる公準などないと観念したところから開始されるものである。作品と読み手との具体的出会いの現場から、文学の位置を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文学の位置-森鴎外試論(文学の位置
  • 『半日』から『舞姫』へ ほか)
  • 第2章 堕落そして天国への道-梶井基次郎における散文の成立(詩か散文か
  • 堕落あるいは他者との出会い ほか)
  • 第3章 暗い夜を越えて-非小説『或る朝』から非私小説『暗夜行路』へ(小説の無意識
  • 或る朝、この朝 ほか)
  • 第4章 中心の不在あるいは殉死者芥川(大正と芥川
  • 乃木の殉死をめぐって ほか)
  • 第5章 クリニック・クリティック(サンタクロースの存在論
  • 敷居的なるものあるいはイニシエーションの不在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クリニック・クリティック : 私批評宣言
著作者等 千葉 一幹
書名ヨミ クリニック クリティック : シヒヒョウ センゲン
書名別名 Kurinikku kuritikku
シリーズ名 ミネルヴァ評論叢書〈文学の在り処〉 1
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.6
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 4623039706
NCID BA67739052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20629875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想