哲学マップ

貫成人 著

「哲学を学んでみよう」と思い立ったはいいが、そのあまりの多様さと難解さにひるんでしまう人も多いはず。しかし、それぞれの哲学者をほかの哲学者とのかかわりにおいて眺めてみると、「なぜそれが問題になるのか」「どうしてそういう考え方をするのか」という哲学の勘所が見えてきます。古代ギリシアから現代哲学まで、西洋形而上学から東洋思想までを網羅し、哲学を「思考の道具」として徹底活用するための実用ガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学の出発点
  • 古代ギリシャ
  • 中世における神と人間
  • 近世における転回
  • 哲学の「頂点」-近代
  • 近代の不安
  • 現代哲学へ
  • 現代哲学(言語分析
  • 現象学と実存思想
  • 構造と流動性)
  • 哲学マッピング
  • 東洋思想
  • 哲学で見る世界
  • 哲学の問い、ふたたび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学マップ
著作者等 貫 成人
書名ヨミ テツガク マップ
書名別名 Tetsugaku mappu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.7
ページ数 247, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4480061827
NCID BA67725138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20663594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想