「こころ」の本質とは何か

滝川一廣 著

マニュアル化された現代の精神医学は「こころ」を身体メカニズムの一種ととらえ、正常と異常の境界線をひいてゆく。これに対して本書は、「こころ」の病はけっして「異常」ではなく、人間の「こころ」の本質の、ある現われとして把握する。こうした立場から本書は、統合失調症、自閉症、不登校という三つの「ふしぎ」を取り上げ、「個的」でありながら「共同的」でもある「こころ」の本質に迫ってゆく。私たちの「こころ」を根本から考え直す上で示唆に富む、人間学的精神医学の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「精神医学」とはどんな学問か(「人間学的精神病理学」という流れ
  • 人間の原理論から症状論・局在論 ほか)
  • 第2章 統合失調症というこころの体験(統合失調症のふしぎ
  • 統合失調症の苦しみと三つの可能性 ほか)
  • 第3章 「精神遅滞」と呼ばれる子どもたち(精神遅滞と自閉症
  • 精神発達とはなにか ほか)
  • 第4章 自閉症のこころの世界(自閉症の発見と研究のはじまり
  • カナーは自閉症をどうとらえたか ほか)
  • 第5章 不登校と共同性(学校制度のはじまり
  • わが国の学校の成功 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「こころ」の本質とは何か
著作者等 滝川 一広
滝川 一廣
書名ヨミ ココロ ノ ホンシツ トワ ナニカ : トウゴウ シッチョウショウ ジヘイショウ フトウコウ ノ フシギ
書名別名 統合失調症・自閉症・不登校のふしぎ

Kokoro no honshitsu towa nanika
シリーズ名 シリーズ・人間学 5
ちくま新書 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.7
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 4480059954
NCID BA67724736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20663598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想