脳死と臓器移植の医療人類学

マーガレット・ロック 著 ; 坂川雅子 訳

何を根拠に「死」とするか、完全な意識の消失を何ではかるのか、ドナーとレシピエントをめぐる現状に、いかなる問題が存在するのか。抜き差しならぬ決断の瞬間、解答を導く思考がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 事故死
  • 不鮮明な境界と不確実なモラル
  • 最先端技術
  • 人はいつ死ぬのか
  • 統一化への努力
  • 日本と脳死問題
  • 他者としての科学技術-日本の近代性と科学技術
  • 行きづまりの打開-脳死論争の暫定的解決
  • 社会的な死と葬送儀礼
  • 「人格」の死後も肉体が生き続ける場合
  • 人格が留まっている場合
  • 超越する肉体-キリスト教の伝統と臓器移植
  • 人間の臓器の社会的生命
  • 臓器不足と新しいドナー候補

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死と臓器移植の医療人類学
著作者等 Lock, Margaret M.
坂川 雅子
Lock Margaret
ロック マーガレット
書名ヨミ ノウシ ト ゾウキ イショク ノ イリョウ ジンルイガク
書名別名 Twice dead
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.6
ページ数 332, 53p
大きさ 22cm
ISBN 4622070839
NCID BA6771276X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20639973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想