日本妖怪変化史

江馬務 著

幽冥界には妖しい力があって絶えず人間界に災厄を加えんと恐ろしい糸を操っている…そう信じて、鬼に食われ、狐狸に誑かされ、幽霊に悩まされてきた日本人。多くの文献から収集した記事をもとに、妖怪変化の正体を多面的に明らかにし、古来の風俗に人間の妄執の移り変わりを見る。柳田国男の民俗学による妖怪研究に先駆けて大正十二年に発表された表題論文ほか、「文芸上に表われたる鬼」「火の玉」を収録。中公文庫版に図版を追加し、本文の補訂をおこなった新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本妖怪変化史(序説
  • 妖怪変化の沿革
  • 妖怪変化の生成ならびに出現の原因
  • 妖怪変化の出現の時期・場所と景物
  • 陰火と音響
  • 妖怪変化の容姿と言語
  • 妖怪変化の性、年齢、職業
  • 妖怪変化の能力と弱点
  • 結語)
  • 文芸上に表われたる鬼
  • 火の玉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本妖怪変化史
著作者等 江馬 務
書名ヨミ ニホン ヨウカイ ヘンゲシ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.6
版表示 改版.
ページ数 181p
大きさ 16cm
ISBN 4122043840
NCID BA67706916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20642644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想