応用塑性力学 : 塑性変形の力学と有限要素解析

小坂田宏造 著

本書は、塑性力学を工業や工学に応用するときに必要な基本事項をまとめたものである。塑性力学の理解に最小限必要な材料力学や弾性力学の初歩的知識の整理からはじめ、塑性変形の各種解析法の基本を解説する。それを基礎に、実際の構造解析や塑性加工に必要な有限要素法による弾塑性解析を詳しく説明している。塑性力学に不可欠な数学を数学課題として必要な箇所で説明し、塑性力学発展の歴史や人物、質問コーナーを随所に挿入するなど初学者が興味をもって確実に理解できるように工夫している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 静力学と一軸塑性変形
  • 構造物の塑性設計
  • 応力とひずみ
  • 応力の座標変換
  • 降伏条件
  • 塑性構成式
  • 二次元塑性加工問題
  • 軸対称問題
  • すべり線場法
  • エネルギー法と上界法
  • 塑性不安定
  • 数理塑性力学
  • 弾性有限要素法
  • 弾塑性有限要素法
  • 上界法への有限要素法の適用
  • 剛塑性有限要素法
  • 有限要素法の計算技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用塑性力学 : 塑性変形の力学と有限要素解析
著作者等 小坂田 宏造
書名ヨミ オウヨウ ソセイ リキガク : ソセイ ヘンケイ ノ リキガク ト ユウゲン ヨウソ カイセキ
出版元 培風館
刊行年月 2004.7
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 4563067377
NCID BA67698975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20647547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想