戦後改革と逆コース

吉田裕 編

戦後改革はこれまでの日本をどのように変えたのか。そして、一九四〇年代末から始まった、ナショナリズム復活の現象=「逆コース」はいかにして生じたのか。戦後社会の黎明期のなかに、現在へと続く課題をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後改革と逆コース
  • 1 復員-軍人の戦後社会への包摂
  • 2 家族法の改正-戦時および戦後
  • 3 サンフランシスコ体制論-日本の再出発と日米鏡像関係の成立
  • 4 戦後の大衆文化
  • 5 総評労働運動の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後改革と逆コース
著作者等 三浦 陽一
吉田 裕
大串 潤児
早川 紀代
木村 卓滋
赤堀 正成
書名ヨミ センゴ カイカク ト ギャクコース
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画編集 26
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.7
ページ数 287, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4642008268
NCID BA67690361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20637899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想