評伝北一輝  4 (二・二六事件へ)

松本健一 著

天皇大権ノ発動ニヨリテ三年間憲法ヲ停止シ両院ヲ解散シ全国ニ戒厳令ヲ布ク-支配階級を震撼させたテロや怪文書事件への関与と法華経の読誦三昧の日々は、北のカリスマ性をたかめる。秘密出版された『日本改造法案大綱』が未曽有の農村窮乏と社会不安を背景に、二・二六叛乱への底流となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西田税とともに(西田税=青年将校の登場
  • 西田、「美しい死」を求めて ほか)
  • 第2章 カリスマ的権力(怪事件とは何か
  • 宮内省怪文書事件 ほか)
  • 第3章 『霊告日記』(昭和政治史の裏面で-中野正剛という友人
  • 田中義一内閣の打倒-小川平吉との交流 ほか)
  • 第4章 日本ファシズム=革命への道(満州事変と北
  • 国家意志の体現者として ほか)
  • 第5章 二・二六事件まで(末松太平、磯部浅一、村中孝次
  • 『改造法案』をめぐる対立 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝北一輝
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ヒョウデン キタ イッキ
書名別名 二・二六事件へ
巻冊次 4 (二・二六事件へ)
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.6
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4000264796
NCID BA67635206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20627516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想