心脳問題

山本貴光, 吉川浩満 著

脳科学の急速な発展のなかで、正気を保つための常識と作法を示す誰も教えてくれなかった「脳情報とのつきあいかた」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳情報のトリック-カテゴリー・ミステイクとパラドックス(脳とわたし-ジレンマ
  • 「だから」の錯誤-カテゴリー・ミステイク ほか)
  • 第2章 心脳問題の見取図-ジレンマと四つの立場(心脳問題という難問-やさしい問いとややこしい議論
  • 心脳問題の特質-「ある種の知的な気分」 ほか)
  • 第3章 心脳問題の核心-アンチノミーと回帰する擬似問題(心脳問題の争点-カントの第三アンチノミー
  • アンチノミー=ジレンマの解毒剤-「重ね描き」 ほか)
  • 第4章 心脳問題と社会-社会と科学、そして生(科学の原理-同一性と一般性
  • 科学の力-科学/技術とジレンマ ほか)
  • 終章 持続と生-生成する世界へ(科学の限界-持続と特異性
  • 持続の相の下で-構成物としての心脳問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心脳問題
著作者等 吉川 浩満
山本 貴光
書名ヨミ シンノウ モンダイ : ノウ ノ セイキ オ イキヌク
書名別名 「脳の世紀」を生き抜く
出版元 朝日出版社
刊行年月 2004.6
ページ数 361, 19p
大きさ 19cm
ISBN 4255002770
NCID BA67625880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20617878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想