存在と灰 : ツェラン、そしてデリダ以後

守中高明 著

ツェランの経験、転回期ハイデガーとヘルダーリン、朔太郎の抵抗、ブランショによるマラルメ、ブルトンの問い…抽象化を拒絶し、言葉の物質性そのものに触れんとする強靱な意志。闘争の思考に貫かれた、来るべき詩学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 詩的言語のポリティクス(灰の分有-パウル・ツェランという音域
  • 二人、あるいは盲目-パウル・ツェランの眼差し ほか)
  • 2 翻訳の詩学(翻訳者としての詩人-国語批判のために
  • 「詩句」と「翻訳」-ブランショによるマラルメ ほか)
  • 3 境界の詩人たち(ノスタルジーの新たなる闘い-ジョナス・メカスのために
  • 力の刻印-ヴィクトル・セガレン『碑』をめぐって ほか)
  • 4 シュルレアリスムの問い(ブルトンと他性のコミュニケーション
  • 贈与と驚異-『ナジャ』論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 存在と灰 : ツェラン、そしてデリダ以後
著作者等 守中 高明
書名ヨミ ソンザイ ト ハイ : ツェラン ソシテ デリダ イゴ
出版元 人文書院
刊行年月 2004.6
ページ数 314p
大きさ 20cm
ISBN 4409040677
NCID BA67609953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20633621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想