拡大ヨーロッパの挑戦 : アメリカに並ぶ多元的パワーとなるか

羽場久ミ子 著

二〇〇四年五月の拡大により、二五カ国、人口四億五〇〇〇万、GDP一〇兆ドルとなった欧州連合(EU)は、グローバル化時代に、新たな挑戦の時を迎えている。新加盟の一〇カ国は、民族も政治も多元的であり、「ヨーロッパとは何か、どこまでか」が問われている。多元的欧州はアメリカを超えるパワーとなるか。逆に、多様性は内部統一を困難にするのか。米欧主導時代の幕開きの中、日本はどう振る舞うべきかをも展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ今、ヨーロッパ拡大なのか
  • 第1章 ヨーロッパ統合の歩みと拡大の現実
  • 第2章 NATOの拡大-コソヴォからイラクへ
  • 第3章 「民主化」の苦悩-拡大される側の実態
  • 第4章 ヨーロッパの新たな境界線と民族
  • 第5章 バルカン地域でのヨーロッパ拡大
  • 第6章 イラク戦争とは、欧州にとって何だったのか
  • 第7章 二一世紀の拡大ヨーロッパ戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拡大ヨーロッパの挑戦 : アメリカに並ぶ多元的パワーとなるか
著作者等 羽場 久浘子
羽場 久美子
羽場 久〓子
書名ヨミ カクダイ ヨーロッパ ノ チョウセン : アメリカ ニ ナラブ タゲンテキ パワー ト ナルカ
書名別名 Kakudai yoroppa no chosen
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.6
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 412101751X
NCID BA67609465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想