How to makeクリニカル・エビデンス

浦島充佳 著

世界の代表的な臨床研究事例を紹介しつつ、臨床研究の方法、クリニカル・エビデンスの作り方のポイントをわかりやすく伝える、最適の臨床研究入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 相関関係から因果関係へ(高木兼寛「脚気栄養学説」
  • 臨床研究にみる原因論)
  • 2 日常診療から臨床研究へ(頻発する腟がんの原因を探る
  • シビルアクション ほか)
  • 3 治療から予防へ(フラミンガム・ハート・スタディ
  • 喫煙は肺がんの原因か? ほか)
  • 4 ベンチからベッドサイドへ(白血病の子どもを救ったヒーローたち
  • ポリオワクチン臨床試験-必要対象人数の計算 ほか)
  • 5 現在から未来へ(感染症流行モデル
  • ストップ・ザ・狂牛病 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 How to makeクリニカル・エビデンス
著作者等 浦島 充佳
書名ヨミ How to make クリニカル エビデンス
出版元 医学書院
刊行年月 2004.5
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4260127217
NCID BA67600267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20614654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想