バーンアウトの心理学 : 燃え尽き症候群とは

久保真人 著

理想に燃え使命感にあふれた人を襲う病。需要が増加するヒューマン・サービスの領域において、近年大きな問題となっている仕事への意欲「燃え尽き」現象。その構造と原因、対処を心理学の立場から解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バーンアウト研究の意義
  • 2 ストレスとバーンアウト
  • 3 バーンアウトの測定-マスラック・バーンアウト・インベントリー
  • 4 MBIの展開とその他の尺度
  • 5 バーンアウトのリスク要因
  • 6 対処行動
  • 7 バーンアウト研究の視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーンアウトの心理学 : 燃え尽き症候群とは
著作者等 久保 真人
書名ヨミ バーンアウト ノ シンリガク : モエツキ ショウコウグン トワ
シリーズ名 セレクション社会心理学 23
出版元 サイエンス社
刊行年月 2004.6
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4781910696
NCID BA6759942X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20639953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想