日本国憲法解釈の再検討

高見勝利, 岡田信弘, 常本照樹 編

日本国憲法をめぐる状況を見据え、人権および統治機構の解釈に関わる学説・判例の整理・再検討を行い、新たな解釈の提示を通じて解釈学説の進展を目指す。一歩進んだ憲法学習に必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人権の私人間効力論
  • わいせつな表現の規制について
  • 障害のある子どもの教育を受ける権利について-インクルーシブ教育の憲法論的考察
  • 学校における子どもの人権-日の丸・君が代訴訟が問うもの
  • 生命についての権利
  • 平等権の現代的展開
  • 政教分離原則の構造
  • 「財」としての情報
  • 検閲概念の再検討
  • 結社の自由〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国憲法解釈の再検討
著作者等 岡田 信弘
常本 照樹
高見 勝利
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ カイシャク ノ サイケントウ
書名別名 Nihonkoku kenpo kaishaku no saikento
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.6
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 4641129487
NCID BA67598234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20647551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想