テーマで読み解く日本の文学 : 現代女性作家の試み  下

大庭みな子 監修

[目次]

  • 6 生活をめぐって(子どもを思う-親の子ども・世間の子ども
  • 昔話にみる継子いじめ-子殺しの鍋 ほか)
  • 7 土地と旅(『おくのほそ道』-文人の旅
  • 『北越雪譜』-土地の自画像 ほか)
  • 8 私語りと日記(私語りと日記-一葉の日記と嘘
  • 女性の手になる公式日記 ほか)
  • 9 詩と詞(和歌
  • 論は男性、実作は女性-正岡子規『歌よみに与ふる書』と与謝野晶子『みだれ髪』 ほか)
  • 10 批評の力(女性の感性と批判精神-極上の暇つぶし『枕草子』の世界
  • 男たちの圧力-『女大学』のもたらしたもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テーマで読み解く日本の文学 : 現代女性作家の試み
著作者等 大庭 みな子
書名ヨミ テーマ デ ヨミトク ニホン ノ ブンガク : ゲンダイ ジョセイ サッカ ノ ココロミ
巻冊次
出版元 小学館
刊行年月 2004.6
ページ数 577p
大きさ 20cm
ISBN 4093874786
NCID BA67593081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20612399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「女人芸術」の周辺 岩橋邦枝
『うたたね』と『十六夜日記』 増田みず子
おくのほそ道 稲葉真弓
とはずがたり 林あまり
下積みの性・女工にあらざれば芸者 松村栄子
北越雪譜 鈴木景子
古代の土地の自画像 三枝和子
和歌 大庭 みな子
土地と旅
大正期の女性詩人について 井坂洋子
夫婦主従関係のリアリズム狂言への狂言 笙野頼子
女たちの受容と反発 木崎さと子
女性の感性と批判精神 大原まり子
女性の手になる公式日記 中沢けい
女性俳句の軌跡 岩橋邦枝
子どもを思う 三枝和子
批評の力
文明開化思想と家庭 吉田知子
日本の奥地紀行 多和田葉子
日記文学と和歌 俵万智
昔話にみる継子いじめ 村田喜代子
有島武郎の女性観 加藤幸子
民衆詩としての詩と詞 佐伯裕子
漢詩を読む 中沢けい
物見遊山の旅 林真理子
生活をめぐって
男たちの圧力 田邊園子
私語りと日記 茅野裕城子
私語りと日記
算盤と義理人情 北原亞以子
総論 土地と旅 中沢けい
総論 批評史という視点から 三枝和子
総論 日常のくらしと家族のあり方 三枝和子
総論 日本文学に流れる私語り 今野寿美
総論 現代詩・短歌・俳句・漢詩 水原紫苑
自伝としての日記 中沢けい
詩と詞
論は男性、実作は女性 道浦母都子
諧謔 時実新子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想