転機の心理学

杉浦健 著

[目次]

  • 第1章 なぜ転機なのか(生涯発達心理学の困難と転機の語り
  • 心理学における物語の役割)
  • 第2章 転機の実態とその役割(大学生を対象にした転機の経験の記述調査
  • 転機の特質 ほか)
  • 第3章 転機のプロセス(転機のプロセス分析
  • 転機のプロセス(転機の始まり
  • 空白の期間
  • 変わるとき、変わる瞬間) ほか)
  • 第4章 人はなぜ変われない(変わらない記憶-トラウマ性記憶とPTSD、その治療と回復
  • 物語の呪縛 ほか)
  • 第5章 転機の語りが示す生涯発達のあり方(転機の語りによる生涯発達)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転機の心理学
著作者等 杉浦 健
書名ヨミ テンキ ノ シンリガク
書名別名 The psychology of turning point
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.6
ページ数 127p
大きさ 22cm
ISBN 4888488568
NCID BA67586392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20646114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想