ゼミナール裁判官論

加藤新太郎 編

「わが国の裁判官制度」「裁判官の倫理と規律」「職業としての裁判官」「社会の求める裁判官像」「裁判官としての生きがいと生活」「民事訴訟における裁判官の役割」「刑事訴訟における裁判官の役割」「家庭裁判所における裁判官の役割」の8章構成で、裁判官の求められる資質に、それぞれの角度から光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の裁判官制度
  • 第2章 裁判官の倫理と規律
  • 第3章 職業としての裁判官
  • 第4章 社会の求める裁判官像
  • 第5章 裁判官としての生きがいと生活
  • 第6章 民事訴訟における裁判官の役割
  • 第7章 刑事訴訟における裁判官の役割
  • 第8章 家庭裁判所における裁判官の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼミナール裁判官論
著作者等 加藤 新太郎
書名ヨミ ゼミナール サイバンカン ロン
書名別名 Zeminaru saibankan ron
シリーズ名 Legal seminar
出版元 第一法規
刊行年月 2004.6
ページ数 293p
大きさ 21cm
ISBN 4474017919
NCID BA6757850X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20625409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想