律令国家の展開

歴史学研究会, 日本史研究会 編

「日本」という自己認識をともないながら形作られていった古代世界。その政治や経済の動き、文化、生活の具体相を、時代の枠をこえた広い視野で概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 律令国家の法と社会
  • 2 王家と貴族
  • 3 古代宮都の成立と展開
  • 4 地域社会と国郡制
  • 5 生産・流通と古代の社会編成
  • 6 古代国家の政務と儀式
  • 7 奈良・平安時代の宗教と文化
  • 8 東アジアのなかの日本律令国家
  • 9 古代社会の男女と老童
  • 10 古代史料の特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令国家の展開
著作者等 加藤 友康
坂上 康俊
大町 健
山口 英男
日本史研究会
日本史研究会 (京都市)
服藤 早苗
本郷 真紹
櫛木 謙周
歴史学研究会
浅野 充
西本 昌弘
鷺森 浩幸
書名ヨミ リツリョウ コッカ ノ テンカイ
シリーズ名 日本史講座 第2巻
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.6
ページ数 306p
大きさ 19cm
ISBN 4130251023
NCID BA67574327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20718053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想