在日・強制連行の神話

鄭大均 著

在日コリアンのほとんどは戦前日本が行なった強制連行の被害者及びその末裔だ、という「神話」がある。この神話は日本社会に広く流布し、今や「常識」にすらなりつつあるが、著者はそれに疑問を呈する。多くの在日一世の証言を読むと、大多数は金をもうけにあるいは教育を受けに、自らの意志で海峡を越えた様子がみてとれるからである。著者はこの「神話」がどのようにして拡がり、どう今の日本社会に影響しているかを分析しつつ、その実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「在日は強制連行の被害者である」(『東京アンダーワールド』
  • 教科書から辞典まで ほか)
  • 第2章 反論(自発性の視点
  • 「強制連行」批判 ほか)
  • 第3章 一世たちの証言(「強制連行」という言葉
  • 渡日の経緯 ほか)
  • 第4章 『朝鮮人強制連行の記録』再考(「朝鮮人強制連行」の誕生
  • 北朝鮮が輝いて見えた時代 ほか)
  • 第5章 見せかけの怒り(金嬉老事件
  • 梁石日 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在日・強制連行の神話
著作者等 鄭 大均
書名ヨミ ザイニチ キョウセイ レンコウ ノ シンワ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2004.6
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4166603841
NCID BA67569950
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20628584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想