現代絵画の社会学と美学 : 時代の画像

アーノルト・ゲーレン 著 ; 池井望 訳

欠陥動物である人間は、制度によって初めて人間になることができる。現代文化の不安と不条理の原因は制度の退廃にあるとする社会学者が見た、社会と美術の並行史。信頼できる客観的世界・リアリスムの崩壊から、自立する主観的世界・キュビスムへの移行と、その後の展開をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絵画の新時代
  • 対象と画面-省察の発生
  • キュビスムのなぞ
  • パウル・クレー
  • カンディンスキーとモンドリアン
  • 最初の困難
  • 表現主義
  • 政治を超える自由
  • 注釈の必要性
  • マニエリスム問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代絵画の社会学と美学 : 時代の画像
著作者等 Gehlen, Arnold
池井 望
ゲーレン アーノルト
書名ヨミ ゲンダイ カイガ ノ シャカイガク ト ビガク : ジダイ ノ ガゾウ
書名別名 Zeit-Bilder
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.7
ページ数 342p 図版17p
大きさ 22cm
ISBN 4790710645
NCID BA67563127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20672260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想