日本語の将来 : ローマ字表記で国際化を

梅棹忠夫 編著

21世紀の文明をかんがえるときに、日本語の流通をいかに確保するのか。1000年の伝統をもつ「漢字かなまじり」という書き方のシステムでは、情報が増えつづけるこの社会に、もう対応できない。現在および未来の日本文明を運転してゆくための道具である日本語。その書きあらわし方としてローマ字がきを提案する。日本語の国際化は急速にすすんでおり、いま日本語を見直さなければ、新世紀の人類文明から脱落せざるをえないであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本語は生きのこれるか(これからの日本語
  • 情報化時代の日本語
  • 50年さきの日本語のために
  • 新世紀における日本語の運命)
  • 第2部 国際語としての日本語(日本人と多文化主義
  • 言語と文明
  • 日本語の将来像)
  • 第3部 文明の道具としての日本語(わたしとローマ字
  • 漢字はやめたい
  • 長音記号の再検討
  • ふたたび長母音について
  • 実行のとき
  • 綿羊と回教
  • 問題は長音の書きかたにある
  • 「99式」ローマ字
  • ローマ字がき日本語のすすめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の将来 : ローマ字表記で国際化を
著作者等 梅棹 忠夫
書名ヨミ ニホンゴ ノ ショウライ : ローマジ ヒョウキ デ コクサイカ オ
書名別名 Nihongo no shorai
シリーズ名 NHKブックス 1001
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.6
ページ数 304p
大きさ 19cm
ISBN 4140910011
NCID BA67543618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20626097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想